歯列矯正


歯列矯正を格安に!成人歯列矯正60万円(税別)※自由診療(保険適用外)です。※成人の方のみが対象です。

 

目立たない透明な装置を標準で使用し、カウンセリング料、精密検査料、矯正治療費、調整料、保定装置料(矯正治療後に必要となる装置)等、全て込みの料金です。

歯並び、あきらめていませんか?

大人になってからでは遅いのでは・・・?

 

歯列矯正は小・中・高校生くらいのいわゆる成長期までに行なわないとダメかな?

と思われがちです。

 

そんなことはありません!今からでも大丈夫!


通常、一般的な成人矯正治療を受けるとなると、目安として以下のような費用がかかってしまいます。

  1. カウンセリング: 無料~10,000円
  2. 精密検査: 30,000~70,000円
  3. 歯列矯正治療費: 700,000~1,200,000円
  4. 調整料:毎月通院時に 5,000~10,000円(治療期間が2年の場合×24)
  5. 保定装置料:60,000円前後

※医院によっては目立たない透明な装置を使う場合、オプションで10~20万円UPとなる所も多いようです。
※上記費用は各々の医院によって異なるので、あくまで目安です。

 

当医院ではこれら(上記)費用全て込みで60万円という、分かりやすいシンプルな料金設定としております。

  • 治療期間は年齢や最初の歯並びの状態等により異なりますが、概ね1~2半年くらいとお考え下さい。
  • 通院のペースは月1回。装置の調整・歯の動きのチェックのため来院していただきます。

リテーナー(保定装置)


歯列矯正により歯を動かして(動的治療)キレイな歯並びになった直後は、歯が元の位置へ戻ろうとする(後戻りしようとする)ためとてもに不安定な状態になっています。そこで、保定装置(リテーナー)を使用し、歯がその位置で安定するようにします(静的治療)。きちんと保定装置を使用していれば、取り外した後に後戻りすることはほとんどありません。

リテーナー(保定装置)の一例
リテーナー(保定装置)の一例
リテーナー(保定装置)の一例
リテーナー(保定装置)の一例

不正咬合が顔貌に及ぼす影響

Eライン
標準的なエステティックライン

鼻の先端とあごの先端を結んだ線のこと。 別名Eライン。口元の突出感の判断に用いられます。 

上顎前突
上顎前突

上顎前歯(あるいは上顎の骨格自体が)前に出ている状態です。

下顎前突
下顎前突

下顎前歯(あるいは下顎の骨格自体が)前に出ている状態です。

開咬
開咬

上下の歯を咬み合わせた時に、前歯部が閉じず、空いた状態。前歯部オープンバイト。


矯正治療後にガラリと印象が変わる方もいます。「キレイになった」「輪郭がシャープになった」「やせたね」と言われることが多いようです。「ポジティブな気分になれた」という方も。

矯正治療が必要な症状

叢生

(叢生)

歯並びが凸凹している状態。

八重歯もこの一種です。

顎の大きさに対して歯が収まりきらず、重なって生えている状態。顎が小さいことが原因となっている場合がほとんどです。

下顎前突

(下顎前突)

下の歯が上の歯より前に出ている状態。いわゆる受け口です。

上顎と下顎の発育バランスの違いによって起こります。骨格性で症状が重い場合は、外科手術と組み合わせる場合もあります。

上顎前突

(上顎前突)

上の歯が前に大きく出ている状態。いわゆる出っ歯です。

上顎と下顎の発育バランスに差があった場合や、幼少期の指しゃぶり癖が原因の場合もあります。


空隙歯列

(空隙歯列)

前歯のすき間が広く空いている状態。いわゆるすきっ歯です。

歯と歯の間が開いている状態で、歯と顎の大きさのバランスが取れていない事などが原因です。

開咬

(開咬)

奥歯は咬み合っているが、前歯が咬み合わない状態。

食べ物が上手く咬めず、麺類が前歯で咬み切れない。指しゃぶりや舌を前に突き出す癖などが原因となる場合があります。

ガミースマイル

(ガミースマイル)

笑った時に歯茎が目立つ。

奥歯は咬み合っているが、前歯が咬み合わない(開咬)や上顎前突の症状を持つ方に多く見られます。


矯正治療の流れ


初診・カウンセリング


歯並びの悩みや希望についての相談と、現在の歯並びの状態を診査します。矯正のカウンセリングは無料です。


精密検査


カウンセリング後、治療希望の方は、レントゲンや写真撮影、歯型の採取などの精密検査を行います。


治療計画の説明


精密検査の結果を元に診断し、症状に応じた矯正治療計画や治療費などについて説明をします。


事前準備


矯正治療前に虫歯治療が必要な方や、矯正治療で抜歯が必要な方は、この段階で行います。


矯正装置装着


いよいよ矯正治療のスタートです。通常月に1回のペースで通院します。