ジルコニア

ジルコニアクラウンの種類・値段

ジルコニア歯(ジルコニアクラウン)は「オールジルコニアクラウン」と「ジルコニアセラミッククラウン」という2種類に大別されます。※この2種類のジルコニア歯(ジルコニアクラウン)は、医院によって名称が異なっている場合もあります。

 

例えば 「オールジルコニアクラウン」は「フルジルコニアクラウン」、「ジルコニアセラミッククラウン」は「ジルコニアボンドクラウン」などと呼ばれていることもありますが、これらは同じものになります。

オールジルコニアとジルコニアセラミックの違い

オールジルコニアとは

オールジルコニアクラウン
オールジルコニアクラウン

オールジルコニアクラウンは主に「奥歯」に適用されます。基本的に「奥歯用」であると言い換えてもいいでしょう。

 

その名が示すとおりジルコニア素材のみによって構成された「単体(単層)構造」のクラウンで、強度・耐久性が高いため、力のかかる奥歯でも破損等の心配がほとんどなく、安心して使用できるクラウンです。

 

オールジルコニアクラウンは後述の「ジルコニアセラミッククラウン(主に前歯に使用されるタイプ )」のように表面にセラミック加工(化粧)を施していないため、ジルコニア素材そのものの色合いしか表現できずやや透明感にかけるため、審美性が重要視される前歯には向きません。 ※色は9種類からお選びいただけます。 


ジルコニアセラミックとは

ジルコニアセラミッククラウン
ジルコニアセラミッククラウン

ジルコニアセラミッククラウンは主に「前歯」に適用されます。基本的に「前歯用」であると言い換えてもいいでしょう。

 

ジルコニアフレームをベースに、表面にセラミック加工(築盛)を施したジルコニア+セラミックの 「二層構造」のクラウンです。 

 

セラミックを加えることにより、歯の色調表現の自由度が広がるため、より自然でキレイな仕上がりが 求められる前歯の色調を 再現するのに適していると言えます。

 

強度はオールジルコニアより劣ります。 ※色は16種類からお選びいただけます。



前歯用と奥歯用のジルコニアの区分


審美性が重視される「前歯」には、主に「ジルコニアセラミッククラウン」を使用します。咬む力に 耐え得る強度・耐久性が重視される「奥歯」には、主に「オールジルコニアクラウン」を使用します。

 

仮に「ジルコニアセラミッククラウン(前歯用)」を奥歯に使用した場合、衝撃に弱いセラミック部分の破折(破損)が危惧されます。

逆に「オールジルコニアクラウン(奥歯用)」を 前歯に適用しようとした場合、実際に実物見本や色見本をご覧になっていただくと容易にわかるのですが、おそらくたいていの方は「より自然な色調 」という観点から、前歯にオールジルコニアクラウンは選ばないでしょう。

 

一口に同じ「白い歯」「ジルコニアクラウン」と言っても「オールジルコニア」と「ジルコニアセラミック」は、強度や色調のアレンジ性など、各々違い・特徴があるため、適用部位が分かれています。



オールジルコニア(スタンダードタイプ)の魅力


オールジルコニア(スタンダードタイプ)」は、歯科での自費治療未経験者でも安心の金額設定に据えてある「ベーシックグレード」という位置付けのもので、従来高額である自由診療(保険適用外の治療)をより身近にした「プチ自費治療」というコンセプトのものです。

 

オールジルコニア(スタンダード タイプ)の魅力は、何といっても「低価格で銀歯を白い歯 に!」ということ。

 

また、他のセラミッククラウンと比べ、たいへん丈夫である(強度・耐久性に優れている)ということも魅力でしょう。



ジルコニア治療の流れ


1・ カウンセリング 

治療希望部位の状態を診査・診断し、治療法や費用に関しての 説明後、相談のうえ治療方針を 決定します。

2・事前処置

治療希望歯に対して事前に何らかの処置(虫歯の処置や根の治療等)が必要な場合には、当然 それらを先行します。

3・治療

ジルコニアによる治療ステップに入ります。 歯を削り、仮歯製作、歯型をとって、クラウン等の装着という流れです。

4・メンテナンス

必要に応じ、治療後のチェックを行います。