· 

ホワイトニング考察

歯のホワイトニングは既に一般にだいぶ普及しており、これをご覧の皆様の中には経験済みの方もおられるかと思います。

 

歯のホワイトニング法は大きく2つに分けられます。「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」です。

 

オフィスホワイトニングはクリニックで施術されます。何回かにわたり、クリニックでホワイトニング(漂白)の処置を施し、段階的に歯が白くなっていくという流れです。

 

またオフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用するというケースもあります。

 

ここからが本題なのですが、、、当医院ではホームホワイトニングを推奨しております。理由はこれのみで十分に効果が得られるということが、当医院で過去に多数の方に実施した結果から確認出来ているからです。

 

オフィスホワイトニングとホームホワイトニング、どちらも一長一短ありますが、オフィスの方はその都度変化が認められるため、早く歯を白くしたいという人(即効性を求める方)には向いていると言えるでしょう。回数通う必要がありますが、クリニックで処置を施していく毎に段階的に歯が白くなっていくのが自身でも確認できます。

 

反面、急速に歯を白く漂白させるわけですから、その分、その都度歯に負担がかかる度合いはホームホワイトニングに比べると強いと言えます。また、急速に白くした分、後戻りもホームホワイトニングに比べると早いという傾向があるようです。

 

私の確認した中には、他医院でオフィスホワイトニング施術後数か月で効果が薄らいできた(後戻りした)という事を確認した例も少なくありません。

 

それに対して、ホームホワイトニングはその名のとおり、ご自宅でご自身の手によってホワイトニングを行います。一般的には低濃度のジェルを使用し、じっくり時間(日数)をかけて着実に仕上げていきます。

 

じっくり徐々に仕上げていくため、オフィスホワイトニングに比べると、その都度歯にかかる負担も緩徐であり、効果はオフィスホワイトニングより長期安定維持出来ます。

 

ホワイトニングに使用するジェル等の薬剤は歯に害があるものではありませんが、それでも多少の刺激性はありますから、けっこう歯がしみたりということがあります。これはオフィス、ホーム問わず共通です。

 

歯になるべく過度な負担を掛けることなく、低濃度のジェルを使用して、じっくりと確実に仕上げ、その効果を長期安定維持させたいということであれば、ホームホワイトニングを第一選択でお勧めします。

 

費用面に関しは、オフィスホワイトニングの場合は、1本いくらというパターンや、回数で1回いくら、あるいは何回かを1クールとしてセット料金でいくらなどとされている場合がありますが、料金体系は医院によって実に様々で、やや分かりづらく、結果、ホームホワイトニングより割高になることが多いようです。

 

ホームホワイトニングの場合はおおむね、1クールのセット料金(マウストレー・ジェル数本込みで何週間か体験使用できる内容)になっている所が多く、ゴール(使い切りの量)が最初から決められていますから、その分かり易い料金設定とも言えます。

 

当医院の場合も1クールのセット料金となっています。上・下歯全ての歯にフルで実施していただいた場合・・・35,000円(税別)※自由診療(保険適用外)です。

 

ホームホワイトニングにおいて、ジェルを供給している会社はいくつかあるわけですが、比較的メジャーなもので商品名でいうと「ナイトホワイト」や「オーパールエッセンス」最近では「ティオン」などが挙げられます。

 

ナイトホワイト

オパールエッセンス

ティオン


ジェルは注射器のような容器(シリンジ)に入ってるおり、通常は濃度10%のもの、これを何本か使っていただくことになるわけですが、シリンジ1本の内容量は商品によって異なっています。

 

ナイトホワイトは1本(3mg)オパールエッセンスは1本(1.2mg)ティオンは1本(2.5mg)となっています。

 

当医院では過去にオフィスホワイトニングも実施(取り扱い)しておりましたが、現在はオフィスホワイトニングは扱っておりません。またホームホワイトニングジェルも上記3種扱っておりましたが、現在「ナイトホワイト」という商品のみに一本化しております。理由は、既に世界で広く普及しているため、歴史があり確かな効果も十分確認(検証)できている安定した商品と言えるからです。

 

ここまでずっとご覧になっている方は、とてもホワイトニングに興味があり、いろいろ追求されておられると思います。

 

ホームホワイトニングの料金設定は当然医院によって異なり、2万円というところもあれば、3万円というところもあります。「歯のホワイトニング 最安値」なんて検索されている方にとって、当医院の場合、ホームホワイトニングは上述の料金になっているわけですから、料金設定(数字)だけで見ると、魅力が薄いイメージになってしまいますが、ここからがけっこうキモで、、、それは使用するホワイトニングジェルの量に関してです。

 

要はそれなりに満足のいく効果を出すには、ある程度ジェルの本数(使用量)が必要になるということ。

 

ホームホワイトニングシステムを提供している多くの医院では、1クールのセット料金になっている場合、「体験スターターキット」的な量である場合も多く、十分なホワイトニング効果を得るには、結局、後からジェルを単品購入(別途料金)することになってしまうでしょう。

 

ジェルの内容量はご紹介させていただいたとおり、商品によってまちまち、1クールの量も医院によって変わってくるのですが、1クールでの標準(一般的な)セット本数はナイトホワイトで4本、ティオンで4本となっています。オパールエッセンスは医院によって異なりますが、仮にナイトホワイト4本分と同等の効果を出すには10本必要になるという計算になります。

 

当医院では1クールの標準本数を初めから6本に(容量にして計18mgになりますから、他医院における1クールの量よりかなり多めに)してお渡ししています。今まで当医院で施術した数多くの症例結果から、ほぼ大体の方が満足のいく結果が得られるのには、この量は必要であろうという検証が出来ているからです。

 

結局、中途半端な量では中途半端な結果しか得られないということにもなりますから、ジェルを追加購入するか検討することになります。

 

ジェルを単品で追加購入した場合、当医院ではシリンジ1本が3千円(税抜)ですが、他医院においても1本安い所で3千円くらいから、医院によっては5千円以上という所もあるようです。

 

ちなみに「ナイトホワイト」よりシリンジ1本当たりの容量が少ない「オパールエッセンス」も13千円くらいからというところが多いようです。銘柄の違いや容量が少ないから安いわけでもないようです。

 

最後に、、、ホームホワイトニングシステム(銘柄・商品)の違いで、効果(仕上がり精度)は異なるのか?これに関しては、商品によっての差異(優劣)はほとんどありません。